161103-01


自動車関連エレクトロニクス分野における熱対策ニーズ

自動車関連エレクトロニクス分野では、車載部品の電子化によってECU・MPU・基板・材料における様々な製品で「熱問題」が発生し、熱対策の高度化が求められています。

  • -40℃~250℃のテストを迅速に精度よく実施したい。
      ・チップ単品、または、部品実装済み基板を温調したい
      ・形状の変化を見ながら温調したい
      ・自己発熱を吸収しながら温調したい
  • 恒温槽で苦労していることを、手軽にやりたい


自動車関連エレクトロニクス分野における従来の熱対策方法

熱対策の課題は急速に高度化していますが、多くの企業では、これまでと同様に大型チャンバー(恒温槽)やジェットエアーを使って試験環境を作り出しています。
環境が変化に対応していないため、既存技術で不便なことやできないことを担当者が諦めている現場も多いでしょう。

また、これまで後回しにされがちだった「熱設計」は、スペシャリストが不足しています。企業ではメカ設計者が兼務する場合も多く、手探り状態で熱対策を行うため、労力の割に結果がよくありません。ひどい場合は、温度を拘束したり損失を測定する手段がないので、放置してとりあえずモノづくりを始めている場合もあります。

このような測定環境では、今後ますます高度化する部材の「熱問題」に対応するのが厳しくなるのは明らかです。


「早く」「手軽に」「正確に」測定を実現

開発者の視点から言えば、「早く」「手軽に」「正確に」測定したいはずです。
自らが市販の設備を購入し、自社に合わせて組み上げたり治具を用意するのは、本来の開発者の業務ではありません。

161103-03

当社は、「熱設計に長けた」メカ設計エンジニアの集団です。
「熱設計」を考慮したカスタム装置(治具づくり)を得意にしており、これまでにない最適化されたユーザー仕様の温調装置をご提供いたします。

  • サンプルの形状を確認しながら温調できますか?
    温調精度を維持したまま、サンプルに近いところに「窓」をレイアウトすることができます。顕微鏡やレーザー変位計などと組み合わせることもできます。
  • 対象物に電気を流しながら温調できますか?
    可能です。恒温槽カバーから配線を引き出すことができます。
  • 設定温度の到達時間はどの程度ですか?
    通常の恒温槽は60~120分のところ、当社製品は6~12分で設定温度まで到達させることができます。
  • 導入にあたり、電気工事が必要ですか?
    100V電源で動作いたしますので、電気工事は不要です。
  • 移設できますか?
    持ち運び可能です。20kg以下のため、部署間移動も可能です。

[ ご提案TOPへ ]