製品紹介

PWT用 両面冷却加圧治具

  • 両面冷却加圧治具
  • 両面冷却加圧治具
  • 両面冷却加圧治具
  • 両面冷却加圧治具

車載用などで、両面冷却構造をもったパワー半導体の導入が進んでいます。評価を行う際には、両面からプレートで押付け、冷却を行う必要があります。パワーサイクル試験装置に内蔵の、コールドプレートの固定治具に取付け、上下のプレートに個別に冷却水を供給します。

カタログダウンロード

初めて資料ダウンロードされる方は、最初にアクセス登録をお願いします。

PWT用 両面冷却加圧治具 特徴

両面冷却加圧治具


両面冷却加圧治具を使用しない時

両面冷却加圧治具は取り外すことができるので、装置を占有しません

両面冷却加圧治具を使用しない時 (加圧治具取外し時でも常設するもの)

Rear View

Rear View

PWT内の「User Cold plate」継手に接続する配管一式が付属します。限られた空間で無理なく配管できるようレイアウトされています。

PWTへの設置状況

PWTへの設置状況。カバーが斜めになっているため、高さが狭くなっていますが、カバーに干渉することなく設置できます。

  • PWTへの設置状況
  • PWTへの設置状況
荷重表示器

荷重表示器はチャンバーの外に設置するため、荷重値は常に見やすい位置で確認できます。配線はパネルのスリットを通すため、カバーの開け閉めには影響しません。

上下に分岐された流路は、それぞれ個別にバルブが設置されており、流量を確認しながら調整することができます。

  • 荷重表示器
  • 荷重表示器

PWT用 両面冷却加圧治具 仕様

基本構成仕様
項目 規格値 条件・備考
表示送り量 1N  
最大サンプル高さ 30mm =可動上下ストローク
電源 AC100V 50/60Hz  

オプション

オプション

荷重・精度

Option 0240 ~ 2500
  • 掛けられる荷重の最大値は2500Nです。
  • 荷重センサーのレンジに寄って精度が変わるため、必要な精度、あるいはレンジを選択してください。

CP幅

Option 50, 70
  • コールドプレートの幅寸法です。2種類から選択いただけます。長さはいずれも200mmです。
  • サンプルの幅に合わせて選択ください。

流量計

分岐した各流路の流量を確認するための流量計の仕様です

Option 0
アナログ式(面積式流量計)
  • ゲージ内のオモリが浮き上がった位置を目視で確認するタイプの流量計です。
Option 1
デジタル表示
  • 流量の値を数値で表示します。
Option 2
タッチパネル式表示・流量フィードバック制御
  • 設定した流量に自動で制御します。
  • 分岐した循環液の流量調整は、各バルブの微妙な操作が必要ですが、流量をフィードバックして自動で行います。
  • 試験中に圧損が変動した場合にも追従します。

カタログダウンロード

初めて資料ダウンロードされる方は、最初にアクセス登録をお願いします。

PWT用 両面冷却加圧治具 Q&A

どのようなサンプルを評価するのに向いていますか?

車載用などでラインアップが広がりつつある両面冷却デバイスの評価に最適です。両側の冷却面に水冷のヒートシンクが接触でき、押し付け負荷や冷却水の流量も確認しながら調整できるため、試験の再現性も確保できます。

水温は何度まで対応していますか?

室温から60℃です。パワーサイクル試験機の仕様で決まっています。特殊オプションで200℃まで対応することが可能です。

製品一覧に戻る

無風恒温槽

シーメンス製品オプション

パワーサイクル試験装置用
オプション
熱特性試験・測定・評価
T3Ster用オプション

小型クーラー

コネクタ用トルクドライバ