製品紹介

大電流ソケット治具

  • 大電流ソケット治具
  • 大電流ソケット治具
  • 大電流ソケット治具

TO220やTO247の汎用パッケージは実使用ではコンパクトで使い勝手が良い反面、大電流を流す評価時には、その冷却や電流線接続に課題があります。定量的に、高い再現性を確保し、安全に測定するための治具が、測定の生産性を大幅に改善します。

カタログダウンロード

初めて資料ダウンロードされる方は、最初にアクセス登録をお願いします。

大電流ソケット治具 特徴


サンプルの固定

サンプルの固定

サンプルの足をソケットに差し込み、固定ネジを締め付けることで大電流端子に押し付けられます。ソケットの差込口はTO220とTO247のいずれも差し込めるような寸法になっています。評価サンプルは通常通りネジで固定するか、モールド面を上から治具で押し付けます。サンプルの直近には熱電対を固定するためのネジ穴があり、温度のモニターも可能です。

大電流端子

大電流端子

200Aの電流を流すのに十分な大きさの端子です。継ぎ目なくサンプルの端子と接触する構造となっています。大電流端子は、サンプルの端子の下面を支えます。

測定端子

測定端子

測定端子はプローブピンとなっており、サンプルの端子の上面にコンタクトします。ソケット上部に出た接続端子先端には、付属するリード線付きソケットを差し込み、測定器類と接続できます。

  • リード線付きソケット

サンプル押付けネジの位置

サンプル押付けネジの位置は調整が可能です。先端には耐熱高強度樹脂が取り付けられており、サンプルを傷つけることなく押付けることができます。


ベース板

ベース板

ベース板は両面とも高い精度の表面加工がなされており、十分な厚みのある硬質アルマイト処理により絶縁されています。コールドプレートが接触する底面は完全にフラットです。

大電流ソケット治具

大電流ソケット治具

ソケット治具はパワーサイクル試験装置のコールドプレートに載せ、押付け治具にて固定します。

大電流ソケット治具 仕様

基本構成仕様
寸法 W70 x D153.5 x H95mm
質量 0.8kg
最大電流 200A (Duty50% 8秒)
75A (Duty50% 60秒)
耐熱温度 200℃
最大負荷 1500N

オプション

オプション

サンプル取付穴

TO220やTO247はネジで固定できますが、そのための取付ネジ穴をベース板に加工するかどうかの選択です。

Option 0
なし
  • ネジ穴は加工しないため、サンプル取付面はフラットです。
Option 1
TO220用
  • TO220を取付けるためにちょうど良い位置にネジ穴を加工します。
  • TO247を取付ける場合にはこの穴の上に重ねて置くことになります。
Option 2
TO247用
  • TO247を取付けるためにちょうど良い位置にネジ穴を加工します。
  • TO220を取付ける場合には干渉しません。

ベース板取付穴

ベース板はパワーサイクル試験装置の押付け治具でCP上に設置することを想定しています。
その他の場所にネジを用いた固定を行う場合に必要な取付穴を、ベース板に加工します。

Option 0
なし
  • ネジ穴は加工しないため、ベース板底面はフラットです。
  • CP等への押付けは治具が必要です。
Option 1
Φ6 x2
  • M5サイズのネジで固定できる穴をベース板の両端に加工します。

カタログダウンロード

初めて資料ダウンロードされる方は、最初にアクセス登録をお願いします。

大電流ソケット治具 Q&A

大電流端子にはどのようなケーブルが接続できますか?

Φ4.2mmの穴があいているため、M4ネジで丸端子が取付できます。当社の耐熱柔軟ケーブルでは5.5sq(AWG10)までの太さが選択可能です。

硬質アルマイトで絶縁は十分ですか?

アルマイトに頼った絶縁では、角部での短絡が起きやすいです。出荷時には重点的に角部の導通試験を行っています。傷が入った場合には短絡する可能性が高いため、十分な注意が必要です。

ネジ締めトルクでどのように押付け力を管理するのですか?

出荷時に荷重計を用いてネジの締付けトルクと発生する押付け力を測定し、グラフ表示したものを添付します。サンプルを固定するときの参考にしていただけます。

製品一覧に戻る

無風恒温槽

シーメンス製品オプション

パワーサイクル試験装置用
オプション
熱特性試験・測定・評価
T3Ster用オプション

小型クーラー

コネクタ用トルクドライバ