製品紹介

ΔTc パワーサイクル試験用 冷却水 流量切替バルブユニット

  • バルブユニット
  • バルブユニット
  • バルブユニット
  • バルブユニット

パッケージのTcまで温度を変動させるロングパワーサイクル試験※では、電流負荷時にコールドプレートの冷却水流量を絞ることでTcを上昇させ、無負荷時には流量を増加して冷却することが試験時間の短縮に有効です。このような流量調整を、パワーサイクルテスターと連動し、自動で行うことができるバルブユニットです。
※JEITA ED4701 試験方法603 パワーサイクル試験(ケースタイプ/長時間)


カタログダウンロード

初めて資料ダウンロードされる方は、最初にアクセス登録をお願いします。

システム構成例

ΔTc パワーサイクル試験用 冷却水 流量切替バルブユニット 特徴

配管径と装置内漏液パン

配管径と装置内漏液パン

配管は入口から出口まで25A規格で、オリジナルの約8倍の流路面積を確保し、圧力損失を最小限に抑えています。

装置内の配管エリアの底部には漏液パン(黒い部分)が設置され、内部の漏液を外に漏らしません。オプションの漏液検知出力では、光学式の漏液センサーにより検知した漏液を外部出力します。

インジケータ

インジケータ

バルブはPWTから出力される信号に同期して動作しますが、現在High Lowのどちらのポジションにあるのか、ユニット前面にLED表示されます。

ΔTc パワーサイクル試験用 冷却水 流量切替バルブユニット 仕様

基本構成仕様
装置外形サイズ(幅x奥行x高さ)mm (標準)W540 x D724 x H698  
キャスター・アジャスター (標準)アジャスター一体型キャスター 4個  
使用環境 (標準)15℃~35℃(結露無きこと)  
電源 (標準)不要  
循環液種類 (標準)エチレングリコール水溶液 濃度30%  
循環液温度範囲 (標準)常温~80℃以内  
使用最高圧力 (標準)0.5MPa  
チラー配管接続径 (標準)Rc1″継手  
流量計 (標準)無し  
装置内漏液対策 (標準)ユニット内漏液パン+排出用ドレンバルブ  
装置内漏液検知 (標準)センサー無し  
装置下漏液対策 (オプション)ユニット下漏液パン設置&センサー (オプション)光学式
耐震金具 (標準)無し  

オプション

オプション

循環液

Option 0
純水
  • 不純物の含まれていない水です。脱イオン水、DIウォーター、工業用純水もこちらに含まれます。
  • バクテリアや藻類が入ってしまうと、一気に繁殖してしまうことがあります。
  • 水道水を使う場合もこのオプションを選定ください。地域により含まれる不純物が異なり、トラブルの原因となる場合があります。
エチレングリコール水溶液
  • 不凍液、LLC(Long Life Coolant)もこちらに含まれます。
  • 流路の腐食やバクテリアなどの繁殖を防ぎ、0℃以下での凍結も防げます。
  • 一般的には30~50%の濃度で使用します。
  • メーカーによって色や配合物が異なるので、銘柄を混ぜて使用することはできません。
  • 80%以下の濃度であれば、消防法上の危険物ではなくなります。
  • 希釈しても環境有害物を含んでいるので、処分する場合は適切な処理が必要です。(弊社でも対応しております)
コントライム水溶液
  • コントライムはバクテリアや藻類の繁殖を防ぐ薬品です。
  • 危険物ではなく、環境有害物質も含んでおらず、希釈すれば下水へ流すことができます。詳しくはお問合せください。
Option 1
シリコンオイル
  • 粘度の低いものを用いることで、-40℃~200℃の広範囲で使用することができる液体です。
  • 表面張力が少なく非常に漏れやすいので、配管の接続や取扱には十分な注意が必要です。
  • 消防法上の危険物に該当します。
フッ素系冷媒(ガルデン等)
  • 沸点や凝固点に様々な選択肢があり、使用できる温度帯も異なります。
  • 一般的に、比重が重く熱的特性は良くないため、慎重に選択する必要があります。
  • 対応しているチラーも限定的です。

循環液温度

Option 0
25℃(室温)~80℃
  • この範囲で使用する場合は、こちらを選択してください。
Option 1
25℃(室温)~200℃
  • この範囲で使用する場合は、こちらを選択してください。
  • 循環液はシリコンオイルとなります。
  • 高温時の放熱や危険防止のため、配管は断熱されます。
Option 2
-40℃(室温)~120℃
  • この範囲で使用する場合は、こちらを選択してください。
  • 循環液はシリコンオイルとなります。
  • 低温時の結露・凍結防止や高温時の放熱や危険防止のため、徹底した断熱処理を行います。

流量計

Option 0
流量計なし
  • 流量の表示が不要な場合、他の方法を用いて測定する場合はこちらを選択してください。
Option 1
流量計あり
  • バルブユニット内部に流量センサーを設置し、ユニット上部に表示器が設置されます。

漏液パン

Option 0
  • 標準仕様で、装置内部に漏液パンが装備されます。
  • 漏れが発生して受け止めた循環液はドレンバルブから排出されます。
Option 1
  • 装置内部の漏液パンに、漏液センサーを設置し、漏液が発生した場合にパワーサイクル試験装置の電流出力とチラーを停止します。
Option 2
  • 装置内部の漏液パンは標準で装備されますが、施設の規則などで装置下に漏液パンが必要な場合はこちらを選択してください。
  • 装置下の漏液パンに漏液センサーが設置され、漏液が発生した場合にパワーサイクル試験装置の電流出力とチラーを停止します。

固定

チャンバーを固定する方法です。

Option A
  • キャスターに付属するロックで固定します。
Option B
  • キャスターを浮かせるアジャスターフットを追加します。
Option C
  • 床にアンカーで固定できるよう、ブラケットを追加します。

カタログダウンロード

初めて資料ダウンロードされる方は、最初にアクセス登録をお願いします。

ΔTc パワーサイクル試験用 冷却水 流量切替バルブユニット Q&A

なぜバルブユニットが必要なのですか?

さまざまなパワーサイクル試験のうち、Tcまで変化させるロングパワーサイクル試験では、効率よくTcの温度を変化させるために、負荷時に冷却水量を絞ることが有効です。バルブユニットをシステムに追加することで、このような冷却水量のコントロールが可能になります。

チラーに過度な負荷が掛かることはないですか?

バルブユニット内部の配管はバイパスされており、チラーへの負荷が最小限となるよう配慮されています。この配管回路は元々PWTに組み込まれているものと同じ設計です。万が一バルブユニットやサンプルが詰まるようなトラブルが発生しても、弊社が設置したチラーであれば、バイパス回路によりチラーへ過度な負荷が掛かることはありません。

流路抵抗が増えて流量が足りなくなることはないですか?

回路の設計はオリジナルと同じですが、配管の太さは25Aという規格により約8倍の流路面積を確保しています。パワーサイクル試験機で流量が不足する場合の対応策としても利用いただけます。

製品一覧に戻る

無風恒温槽

シーメンス製品オプション

パワーサイクル試験装置用
オプション
熱特性試験・測定・評価
T3Ster用オプション

小型クーラー

コネクタ用トルクドライバ