小型クーラー よくあるご質問

小型クーラー よくあるご質問

小型クーラー KTCシリーズ Q&A

熱源から液体に熱を移動させ、筐体内のラジエータとファンにて大気中へ放熱する装置です。 環境温度以下へ冷却したり温度制御したりする必要はないけれども、熱源の温度上昇を抑えたい場合などに使えます。

各装置とも、最大熱量を放熱時に冷却水の温度は環境温度+10℃になります。

吸熱量と循環液温度上昇の関係は下図をご参照下さい。

小型クーラー KTCシリーズ仕様

無負荷で2L/min程度です。

エチレングリコール水溶液が標準仕様です。 純水(工業用純水)やバクテリアの繁殖を防ぐコントライム水溶液が選択できます。各循環液の違いについて、詳しくはオプションページをご覧ください。

KTC-300, KTC-600のデモ機があり、貸出可能です。

KTCシリーズのお問合せページからご連絡願います。

KTCシリーズと接続するカプラが1セット付属します。

内径Φ6,外径Φ8の樹脂チューブで接続してください。接続カプラやチューブの種類について、詳しくはオプションページをご覧ください。

熱量に応じて循環液の温度が上昇いたします。例えば、KTC-300に発熱量600Wのサンプルを接続しますと、循環液の温度は環境温度+20℃になります。

60℃です。循環液が60℃以下となる環境温度および熱量で使用してください。

弊社までご連絡ください。水道水などを補充しますとトラブルの原因になる場合がございます。

製品一覧に戻る