SMAコネクタ用トルクドライバ 仕様

SMAコネクタ用トルクドライバ 仕様

SMAコネクタ用トルクドライバの仕様

トルクドライバー型式一覧

Aシリーズ仕様

ビット先端はメガネレンチ型

トルクレンチが入らなかったところにも正面からラクラクアクセス。
ビット部長さは100mmと150mmの2種類。
それぞれ3通りのトルク値から選べます。
ビット先端部はナット部にしっかり嵌合するメガネレンチ型です。
グリップ部とのセンターがしっかり合うので、トルク精度も確保されます。

トルクドライバーAシリーズ外観一覧
トルクドライバーAシリーズ一覧

※一部の低ロスケーブルやゴムスリーブのあるケーブルなど、φ5.5mmよりも太い部分があるとAシリーズは使用できません。 そのような場合には後述のMシリーズをご検討ください。

Aシリーズ寸法図

relenus Aシリーズ 100mm 寸法図
relenus Aシリーズ 150mm 寸法図

Mシリーズ仕様

SMAコネクタの横からアクセスできるため、ナット部よりも太い部分(スリーブなど)があるケーブルにも使用できます。 グリップ部との中心ズレが発生するので、使用時のトルク精度はAシリーズに劣りますが、斜めからもアクセスできるので「とにかく狭い場所で、大体の精度でOK」という場所で威力を発揮します。

Mシリーズはビット先端形状の違いで以下2種類をラインナップしております。

SMAコネクタ用トルクドライバー MS先端形状
スリムスパナ型先端形状(KTD-MS100)
SMAコネクタ用トルクドライバー KTD-MS100F-90
スリムスパナ型(KTD-MS100)
KTD-M150
スパナ型先端形状(KTD-M150)
トルクドライバーMシリーズ一覧

Mシリーズ寸法図

スリムスパナ型MS100

スパナ型M150

製品一覧に戻る