SMAコネクタ用トルクドライバの特長

高周波(RF)スイッチのSMAコネクタはピッチが狭く、トルク管理したいのにトルクレンチが入りませんでした。そんな場所に最適なトルクドライバを開発しました。

トルクドライバ

切り欠きのあるヘッド部が、ケーブルをかわしてコネクタのナットにフィットし、スイッチのような狭ピッチ部でも回転可能になります。ナットには30°ごとにかみ合うので作業性が良好です。

こんな場所のコネクタのトルク管理はどうされていますか?端から順に外して・・・そんな手間から解放されます! いきなりアクセス可能です。

トルクドライバ

狭いピッチの場所でも、ここから

トルクドライバ

ここまで回せます。

トルクドライバ

洗練された曲線と究極の磨き仕上げは、芸術作品を制作する鍛金作家によるものです。
作業性の悪い場所で使われることを想定し、使い勝手を熟考したうえで美しいシェイプに仕上げました。 先端ビット部のメッキは、ニッケルボロンに熱処理を施しH V 900以上の硬度があり、耐衝撃性・耐摩耗性に大変優れています。

トルクドライバ

規定トルクに達するとグリップ部が空回りし、コネクタの破損、締め付け不足を防ぎます。
(トルク精度±3%)

150908-11

精度を確保するために重要なのは加工精度。
職人技により軸の中心が合うように高精度に仕上げられています。専用のトルクテスターにより検査を行い、校正証明書を添付して出荷いたします。